平成29年度 山口県立下関南総合支援学校(旧盲学校)
「高等部理療科」体験入学実施要項

1 目的 学校生活の様子や学習内容を紹介することにより、本校や視覚障害教育への理解を深めていただくとともに、進路決定の一助となるようにする。
2 日時 平成29年10月26日(木)10時から  
3 会場 山口県立下関南総合支援学校(〒751-0828 下関市幡生町1丁目1−22)
4 対象者(1)本科保健理療科
中学校、特別支援学校中学部を卒業した者又は中学校卒業と同等以上の学力があると認められる者で、視覚障害のある者
(2)専攻科理療科・専攻科保健理療科
高等学校、特別支援学校高等部を卒業した者又は平成30年3月卒業見込みの者で視覚障害のある者。あるいは高等学校卒業と同等以上の学力があると認められる者で、視覚障害のある者。
(3)(1)〜(2)の保護者、関係機関の職員
※視覚障害の程度
両眼の視力がおおむね0.3未満のもの又は視力以外の視機能障害が高度なもののうち、拡大鏡等の使用によっても通常の文字、図形等の視覚による認識が不可能又は著しく困難な程度のもの。
※本科保健理療科・専攻科保健理療科では、あん摩・マッサージ・指圧師の国家試験受験資格を、専攻科理療科ではあん摩・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師の国家試験受験資格を得ることができます。
5 日程・内容(予定)
 9:30〜10:00 受付(小・中学部ピロティー)
10:00〜10:10 開会行事・日程説明・諸注意(会議室)
10:10〜10:45 学校・学部説明(会議室)
10:55〜11:45 授業参観(3限)
11:55〜12:45 授業参観(4限)
12:45〜13:00 質疑応答・閉会行事
13:00〜13:15 寄宿舎見学(遠距離の方で、希望者のみ。)
            寄宿舎宿泊体験(遠距離の方で、希望者のみ。)※前日に宿泊
13:15〜14:00 昼食休憩
14:00〜14:30 事前の教育相談(会議室へ移動)
6 持参物 上履き、筆記用具、昼食、湯茶
宿泊体験希望者:洗面用具、タオル、着替え、パジャマ(ジャージも可)
学習用具(自習時間用。寄宿舎図書室の書籍も利用できます。)
    シーツ上下・枕カバー(貸し出しもできます。)

7 経費等 宿泊体験希望者:食費(夕食・朝食代)実費徴収 
      寝具クリーニング代1,300円程度(シーツ上下・毛布・枕カバー)
      (希望される方は別紙「体験入学参加申込書」に御記入ください。)
8 参加申込み 別紙「体験入学参加申込書」に必要事項を御記入の上、9月13日(水)までに下記申込み先へ御提出ください。
(申込み・問合せ先) 
〒751-0828 下関市幡生町1丁目1−22  
山口県立下関南総合支援学校「高等部」体験入学係 
TEL 083−232−1437 FAX 083−232−1432
担当者 高等部主事 町田 英利
9 学校までの交通案内
●JR幡生駅から
・バスで約5分(1時間に1便程度)
「唐戸経由下関駅行き」に乗車、「旭」バス停(「円光寺」の次)で下車。
さらに坂を登る(徒歩約6分)。
・徒歩で約20分
幡生駅からバス通りに出て左折 → 陸橋のある交差点をゆめマートに向かって渡り、右折 → 山口トヨタを過ぎて左折し、坂を登る。
・タクシーで約7分
●JR下関駅からバスで約20分(1時間に6便程度)
 下関駅バスターミナル3番線(北浦線)に乗車。「旭」バス停下車(「後田」の次)。
 音響信号のある横断歩道を渡り、坂を登る(徒歩約6分)。
●新下関駅からバスで約20分(1時間に2便程度)
 「東駅経由下関駅行き」に乗車、「旭」バス停(「宮の下」または「宝蔵寺」の次)で下車。坂を登る(徒歩約6分)。
●下関ICから車で約5分
 2つある進路のうち、右側の「関門トンネル・豊浦」方面に進む。
 → 福山通運ターミナルを過ぎて、「関門トンネル」方面に左折する。
 → 「川棚」の表示に従って左に進む。(?「関門トンネル」には行かないこと!)
 → 約1.4q直進し、ゆめマートの交差点(宮の下交差点)を左折する。
 → 山口トヨタを過ぎて左折し(「下関南総合支援学校」の看板あり)、坂を登る。