(2)風水害・土砂災害発令時の対応
在宅時
前日周知・電話・メールによる緊急連絡
最新気象情報の確認(○教頭・保健安全部長・生徒指導部長)→管理職等の緊急協議(○教頭・校長・部主事・保健安全部長・生徒指導部長)→校長(責任者)の指示事項及び対応の情報共有
■ 基本的な対応
1 警報等・・・土砂災害警戒情報 記録的短時間大雨情報
2 授業・・・自宅待機(休校) 
3 対応
@土砂災害警戒情報等が朝6:00の段階で発令され自宅待機とする場合は、メール又は電話で連絡する。              
A休校あるいは午前・午後の授業開始時間等の連絡は、各担任等から行う。                
B事前に想定できる際は、休校連絡を前日に行う。
C寄宿舎待機の際は、寄宿舎(083-222-8580)へ連絡をする。ただし、ゲリラ豪雨等で裏山が崩落する危険性がある場合は、体育館へ避難する。
1 警報等・・・土砂災害警戒情報 記録的短時間大雨情報
2 授業・・・実施
3 対応
@各家庭が安全に登校できることを確認し、登校する。                              
A通学路の状況等により、安全な登校が心配な場合は、担任に連絡し、自宅待機後、状況を見て登校する。

  在校時
 即時対応
 校長(責任者)の指示事項及び対応の情報共有
■気象情報に基づき、今後の見通しも踏まえ、対応を決定する。
1 警報等・・・土砂災害警戒情報 記録的短時間大雨情報
2 授業・・・中止の場合
3 対応
@教頭・保健安全部長・生徒指導部長は、気象情報や交通状況を定期的に確認する。
A教職員が安全を確認し下校させる。
B安全な下校が困難と判断される場合、学校で待機させる。                       
C天候により、保護者に連絡し、迎え(連絡方法や引継方法を共通理解しておく)を依頼する。
D必要に応じ、担任等が帰宅確認をする。
E寄宿舎へ連絡をとり、帰舎の受け入れ準備をする。ただし、ゲリラ豪雨等で裏山が崩落する危険性がある場合は、体育館へ避難する。
1 警報等・・・土砂災害警戒情報 記録的短時間大雨情報
2 授業・・・実施の場合
3 対応
@原則は、平常授業とする。
Aこれまでの降雨量や今後の気象予報、地域の実情に応じて、注意報段階での下校も検討する。

留意事項
■メールによる緊急通報システムを使う。
■土砂災害降雨危険度は、4段階の危険度で発令される。
■危険度レベル3を目安に、休校及び自宅待機・学校待機を行う。
■1時間に20ミリ以上の強い雨が降ると、小さな川や側溝があふれ、小規模の崖崩れが始まる可能性があるため、注意が必要である。
■災害発生時は、幼児児童生徒の安否確認を行う。さらに、家族・住居の被害状況等を早急に確認し、管理職に連絡すると共に、必要に応じてケア対策を行う。